松江音楽協会について

理事長あいさつ

DSCF9165

音楽は人生のあらゆる局面で、私たちの心に深く響いて、時には心を揺さぶることがあります。世界中のどの文化にも音楽があるように、松江音楽協会は人々の生活の中に薫り豊かな音楽文化を提供しようとしています。

松江音楽協会は、音響が素晴らしい“プラバホール”を拠点に活動しています。ここに住む人々が一流のホールで質の高い音楽芸術に触れ、同じ感動をたがいに共有できる機会をつくること、そして多くの人々が音楽に触れることができるよう様々な事業を提供し、会員と共に活動しています。

音楽は人間らしさの決定的な特徴と考えられているように、街にも薫り豊かな音楽文化が息づき、そこに生活する人々も魅力的になってほしいと願っています。

 NPO法人松江音楽協会 理事長 瀨戸武司 

設立趣旨

松江音楽協会では、これまで任意団体として、地域の音楽鑑賞力向上を図る鑑賞事業、及び音楽人材の育成を目的とした振興事業を中心に活動し、地域の音楽文化向上に努めてきました。これらの事業は意思ある少数の個人の力によって進められてきましたが、地域のさまざまな課題を解決し継続的な成果をあげるためには、さらに音楽家や音楽団体、地域、学校、家庭などとの広範囲な対話と連携を促進する必要があると考えております。

そこで、NPO法人松江音楽協会は、地域の音楽活動を側面から支援する存在として、音楽家や音楽団体、地域、学校、家庭などがバランスよく融合した新たなコミュニティーの形成を図っていくために活動を始めることになりました。そして、音楽を通じて次代を担う人たちの豊かな「心」や「創造力」の育成に努め、音楽文化の発展を促進し、文化の薫り高い豊かな地域社会の創造に貢献していきたいと考えております。

沿革

1978(S62)年 4月 1日 任意団体松江音楽協会を設立
プラバホールを拠点とした音楽事業を企画・実施<松江市委託事業>
2002(H14)年 4月 1日 松江市委託事業を指定管理者に移管、事業縮小
2012(H24)年 8月 5日 NPO法人設立総会を開催し、法人化を承認
2012(H24)年10月22日 NPO法人松江音楽協会設立
2014(H26)年4月1日 プラバホールの指定管理者となる
2014(H26)年7月22日 参加型音楽イベント事務支援サービスコンソーシアムを株式会社マツケイと共同で設立
   

目的及び事業

松江市及び松江市周辺の人々に対して、音楽芸術に触れる機会を提供し、音楽活動に関する人材の育成、活動支援を行い、もって音楽文化の発展に寄与することを目的とする。

この法人は、その目的を達成するため、次に掲げる種類の特定非営利活動を行う。

(1)社会教育の推進を図る活動

(2)まちづくりの推進を図る活動

(3)学術、文化、芸術の振興を図る活動

(4)国際協力の活動

(5)子どもの健全育成を図る活動

(6)職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する事業

 

この法人は、その目的を達成するため、特定非営利活動に係る次の事業を行う。

(1)国内外著名な音楽家による良質な音楽を地域に提供する事業(鑑賞事業)

(2)地域の音楽芸術人材を育成し、音楽文化振興を図る事業(振興事業)

(3)地域の文化芸術活動の拠点となる文化施設を管理運営する事業(施設管理事業)

(4)音楽家及び音楽関係団体の活動を支援する事業(活動支援事業)

(5)音楽芸術に関する情報の収集と発信及び交換を行い、地域の音楽活動の活性化を図る事業(コミュニケーション事業)

 

職場環境への取り組み

当法人では、仕事と子育ての両立支援として、次世代育成支援対策推進法に基づく

「次世代育成行動計画」を作成しました。

今後とも、子どもが健やかに生まれ、育成される環境づくりに努めて参ります。

計画の詳細についてはこちらをご覧ください。